お腹に力を入れて人生を歩こう!

お腹に力を入れて人生を歩こう!

腰痛について考えると、自然と背筋が伸びて、姿勢が良くなり、お腹の辺りに力が入ります。筆者は時々運動不足解消のためにウォーキングをするのですが、このお腹に力を入れて歩くことによって、効率良く筋肉へ負荷をかけ、短い時間でも運動をした満足感を得ることができます。
私たち人間は二足歩行になってかなりの時間が経っています。その二足歩行の長い歴史の中で、今を生きている私たちの人生は一瞬の光のように、ごくわずかな時間です。ただ、そんなわずかな時間しか生きないとしても、イエ、二足歩行の歴史のわずかな時間しか過ごさないからこそ!しっかり腰を意識して、腰痛なんかとオサラバして、堂々と前を向いて歩いて行こうではありませんか!
と・・・腰痛とラクトフェリンの話から、壮大な人間の二足歩行の歴史まで語ってしまいましたが(笑)、何はともあれ、腰は大事です。日本語の中にも要所要所を「腰」と表現したり、うどんの歯ごたえを「腰」と読んだりと、腰が如何に大事なものかは随所に見られます。日本語も太鼓判を押す腰の大切さ。そんな大切な腰が短い人生で痛みに悩まされるなんて、とんでもありません!今すぐに、腰痛とはオサラバの人生を、さあ歩みましょう!